ニーサの少額投資非課税制度とは

みなさんはニーサ(NISA)についてご存知ですか?どのようなものかは分からなくても聞いたことはあるでしょう。当サイトではニーサと少額投資非課税制度について詳しくまとめていこうと思います。

ニーサの少額投資非課税制度とは

ニーサの少額投資非課税制度とはなに?

ニーサと言う言葉を耳にしたことがある方は多いと思いますが、意味をはっきりと理解していない方も多いです。
2014年にスタートしたニーサとは少額投資非課税制度のことで、一定額までの投資に関してはたとえ利益が発生したとしても税金を課さないと言う内容の制度です。一定額とは年間100万円のことで、2016年からは非課税投資枠が120万円に増額されます。
ニーサ口座を利用すると100万円の株式を購入して1年間の内に売却を行い、売却益を手にした場合はその売却益に対しては課税されません。また購入した株式を売却せずに、そのまま非課税投資枠として保有し続けることも可能です。
非課税期間は5年間ですので、毎年100万円の非課税投資枠を使用すれば最大で500万円の非課税投資枠を利用することが可能となります。
ニーサの口座開設期間は2014年から2023年までの10年間ですので、例えば2014年に100万円の非課税投資枠を活用し、5年間が経過した後に2019年に開設された新たな口座に保有株式を移管すれば、また新たに5年間の非課税期間を利用することが可能ですので、最長で10年間非課税のまま株式などを保有し続けることが出来ると言うことになります。
金額には100万円と言う制限が設けられておりますが、本来なら20%の税金が課せられるにも拘らず非課税に出来ることは、大きなメリットと言えます。
注意点としては、ニーサ口座と一般口座の損益が通算出来ないことが挙げられます。
例えばニーサ口座で損失が発生して、一般口座で利益が発生したとしても、ニーサ口座の損失分を一般口座の利益から差し引くことが出来ませんので、一般口座を利用するよりも税負担が大きくなってしまう可能性があります。

■株価が値上がりする可能性がある注目の銘柄情報
注目株ナビ