ニーサの少額投資非課税制度とは
株や投資について書類を見ながら話し合っている人たち

みなさんはニーサ(NISA)についてご存知ですか?どのようなものかは分からなくても聞いたことはあるでしょう。当サイトではニーサと少額投資非課税制度について詳しくまとめていこうと思います。

ニーサ口座で中国向けのダイワ投資信託を購入し続ける

口座を確認して喜んでいる男性ニーサでは長期的な視点で投資をしていくことが重要となっています。長期的に見て投資対象となる国としては、中国が挙げられます。最近の中国は景気が減速傾向となっていますが、長い目でみれば高い経済成長を維持していく可能性は高いと言えます。その理由として中国で多くを占めている中流層が、今後もまだまだ裕福になっていくことが予想されることが挙げられます。今後の数年において中国株は厳しい局面が出てくるかもしれませんが、そのような局面では中国株への投資をするには良い機会となりそうです。ニーサで中国への投資を行うには、投資信託を活用すると良いです。例えば、ダイワ投資信託では1000円から購入が可能となっているため、投資機会を分ける分散投資が可能となってくるからです。したがって、中国の株式市場が軟調に推移をしている時に、ダイワ投資信託で追加投資をするといった使い方ができるようになってきます。また、ダイワ投資信託では数種類の中国を対象とした投資信託が用意されている特徴があります。市場全体のインデックスに連動することを目的とした投資信託や深センA株を投資対象とした投資信託、IT関連株に投資をする投資信託などが存在します。そのため、ニーサ口座では数種類の投資信託の中から、自分の好みに合わせて選んで投資することが可能です。また、リスクを分散させるために複数の投資信託へ投資するのも良いと思います。なお、ニーサを活用して投資をする場合は継続して購入していくことが何より大事です。今後は株式市場が軟調となり、購入していた投資信託で含み損が出てしまう状況に陥ることもあるかもしれません。でも、そこでめげずに追加の投資をできるかが、将来のリターンを大きく左右することになると考えます。