ニーサの少額投資非課税制度とは
株や投資について書類を見ながら話し合っている人たち

みなさんはニーサ(NISA)についてご存知ですか?どのようなものかは分からなくても聞いたことはあるでしょう。当サイトではニーサと少額投資非課税制度について詳しくまとめていこうと思います。

一般投資家の油田開発投資とニーサの仕組みを夫に説明

油田開発に対する投資が、一部で話題になっています。油田といえば原油ですが、原油自体は先物取引が有名ですので、個人投資家などはこちらの方法で、運用を行っているケースが目立ちます。
一方の油田開発投資は、日本にはあまり情報が入ってきませんので、現時点ではマイナーな存在となっています。以前までは世界の富裕層が独占してきた開発投資ですが、一般の個人投資家が集まって投資を行えば、富裕層の独占を阻止しやすくなります。日本でこの手法を取り入れた人物がおり、数十万円の投資枠が一般の個人投資家へ提供されるようになりました。
ただし、油田開発はあくまでも投資のひとつで、必ず儲けが出るとは限りません。今後主要エネルギーに変化の波が訪れると、思ったほどの利益が出ない可能性があることを知っておきたいところです。
投資を始めるなら、税金がお得になるニーサを活用しましょう。国内株や海外株、ETFやREIT、投資信託を運用できる、特別な制度です。ニーサを利用するには、証券会社の他、投資信託を提供している銀行でも可能です。
主婦がこれから株式投資を始めるきっかけとしても、お得なニーサは使えます。ですが、夫が投資について不信感を抱いているという場合には、なかなか投資を始める決断ができないことが多くあります。しかし、ニーサのメリットを夫に丁寧に説明すれば、夫の理解を得られる可能性が高まります。銀行でも取り扱っていることを知れば、相手の警戒心を解きやすくなります。
基本的には銀行よりも、証券会社に口座開設したほうがお得です。銀行は投資信託くらいしか取り扱っていませんが、証券会社であれば、多くの投資商品を取り扱っているため、資産運用の幅が広がります。